VTKをSnow Leopardにインストール

土偶の3DCGを表示して、それをある平面で切ったCGをFloasionTableに表示することになった。
とりあえず、制作展で展示したFloatyCreatureではSIO2というゲームエンジンを用いてiPod上で
3DCGのレンダリングを行っていたわけだが、

interaction
PCからSocketで描画命令、iPod上でレンダリング

さすがに、平面による切断までiPod上で行うと演算とかなんとなくヤバそう。
正直OpenGL ESでそこまで実装する自信もないので、PC上でレンダリングした3DCGを撮影した画像を
iPodに転送する仕組みに変換。

ところがPCで3DCGを切断する方法が分からない。
そこでtwitterでつぶやいてみたところGKnerさんに

Gkner vtk使えば出来ますよ、おそらく。自分は空間に分布した測定データを平面でぶった切ったりしてるので。のRT @taxpon [急募]OpenGLなどで描いた3DCGを平面で切断する方法

との回答を頂いた。

というわけでVTKをMac OS X、Snow Leopardにインストール。
こちらを参考に。
vtkをXcodeでビルドする

  1. ソースの入手
    http://www.vtk.org/VTK/resources/software.html
    ここからソース(ex. vtk-5.4.2.zip)を入手、解凍
  2. CMakeでxcodeprojectを作成
  3. xcodeでビルド

この手順で無事にインスコ完了。サンプルも無事に動作。
これから試す。